読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯LOG

主に自分用のメモ

Qt5.5 for VisualStudio2015 from Source

はじめに

VisualStudio2015でQtを使いたかったのですが、現在リリースされているやつはまだ対応してない?みたいで仕方なくソースからビルドすることにしました。
以下のサイトを参考に進めました。
Qt for Windows - Building from Source | Qt 5.5

ソースの取得

最初はgitからクローンしてやろうと思ってたのですが、ソースの初期化でエラーが発生したため、Qt - Downloadからソースをダウンロードしてきました。
自分はC:の直下に展開しました。

必要な環境変数の指定

ConfigureやBuildのための環境変数を設定します。

CALL "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\vcvarsall.bat" amd64
set QTDIR=C:\qt5.5\qtbase
set PATH=%QT_DIR%\bin;%PATH%
set QMAKESPEC=win32-msvc2015

Configure

## dynamic link
configure -debug-and-release -opensource -platform win32-msvc2015 -opengl desktop -nomake examples -nomake tests
## static link
configure -debug-and-release -opensource -platform win32-msvc2015 -opengl desktop -static -nomake examples -nomake tests

exampleなしのリンク

Build

nmake
nmake install

jomが使える場合はjomのほうが早いらしいです。


これで終了。
時間はかかるが、簡単ですね。
あとでVisual Studio 2015用のAdd-inも追加します。